BS blog Ranking 忍者ブログ

【医療介護】【音楽楽器】星藤野のブログ

都内病院勤めの30代MSWクラリネット吹き。 ①医療・介護に関する話題 ②音楽・楽器に関する話題 よろしくお願いいたします(*'▽')

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

特別養護老人ホームについて知るための4つのポイント
まずは根拠法は以下の通りです

【根拠法】

介護保険法第八条27  この法律において「介護老人福祉施設」とは、老人福祉法第二十条の五 に規定する特別養護老人ホーム(入所定員が三十人以上であるものに限る。以下この項において同じ。)であって、当該特別養護老人ホームに入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことを目的とする施設をいい、「介護福祉施設サービス」とは、介護老人福祉施設に入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話をいう。
 

【Ⅰとどのつまりどういう施設か】

正式名称は『介護老人福祉施設(かいごろうじんふくししせつ)』
 
介護保険法に基づいて介護保険が適用される介護サービスを手掛ける施設です。
 
入所条件としては、要介護3~5の人が適応で、要介護1~2の方も特例として処置的な入所がなされる場合もあります。
 
その特性上、認知症の利用者が九割以上、寝たきりの利用者が六割以上です。
 
終の棲家という形で入所される方がほとんどで、緊急時に病院に搬送されてお亡くなりになる状況が多くを占めます。
 
老人ホームの形態としては比較的古くから存在するため、その時代に合わせた形で建てられることも多く、様々な形の特別養護老人ホームがあります。
 
完全個室な施設もあれば、多床室もあります。最近はユニット型といわれる共有部分付きの個室などが主流になっていますが、その施設施設の設備で値段は多少変わってきます。
 
一番安いのは、言うまでもなく多床室。多床室であれば、7~8万円からの入所も可能です。
 
【Ⅱぜんぜん入れないんですけど(;'∀')】

現在、慢性的な供給不足といわれています。
 
特に東京23区内で入所を希望すると、数百人規模の待機者の中で順番を待つことになり、入所するまでに数年かかる場合もあります。
 
ただほとんどの自治体では、年に数回の判定会議で優先順位を見直します。そのタイミングで、要介護度の高い人や、状況的に逼迫している人の優先順位は上がることになります。
 
逆に言うと介護度3の方や、ご家族が何とか面倒を見ることができている方に関しては、いつまでも入居のタイミングが回ってこない場合もありうるのです。
 

【Ⅲどうにか入れないだろうか……】
 
まず、今現在住んでいる地域の特別養護老人ホームを希望されるのであれば、早い段階で役所に相談に行きましょう。待機者の中に名前を連ねて頂かない事には始まりません。
 
ただ、施設入所希望ということは、すでにご家族様としては切迫した状況に陥っているかと思います。ほとんどがすぐの入所を希望されていることでしょう。
 
そんな場合、待機する方法は3つです
 
一つ目は、民間の有料老人ホームで特別養護老人ホームが空くまで待機する方法。これは比較的現実的な話ですがお金がかかります。また何とか費用を抑えようとすると、数年間はどこかの片田舎の施設に入所することになり、家族がお見舞いに行きにくい状況になります。
 
二つ目は、老人保健施設に入所して待機する方法。こちらは比較的予算を抑えた状況で入居ができます。しかし入所期限がおおよそ3か月ですので、それまでに特養に移動できなければなりません。それがかなわない場合は、結局のところ有料老人ホームのお世話になる事になります。
 
三つ目は在宅で何とか過ごす方法。介護保険の在宅サービスをフル活用し、入居までの期間家族介護も含めて生活を続けます。介護サービスを入れるのも限度があり、家族の介護負担も計り知れません。また病院や施設よりも転棟転落などのリスクが高いことも無視できません。
 
どの道を選択するかはご家族様次第ですが、金銭、精神、肉体、いずれかの負担は必ずあることは否めないのです。
 

【Ⅳ他に方法は無いの!? 早く入所したい!!】
 
少なくとも東京23区内では上記のように入所までの道のりは困難です。
 
ですがもう少し視野を広げると、少し入りやすい特別養護老人ホームが存在します。
 
例えば東京23区外の市区町村。埼玉と東京の境目、千葉、神奈川、都心からアクセスが良い地域で探すと、数か月の待機程度で比較的入りやすい特別養護老人ホームも存在します。
 
例えば埼玉の川口付近などはアクセスも良く、近年で比較的施設も立ち並びました。
 
東京の多摩地区なども、小田急線、京王線、中央線などを利用した先に、古くからある施設が入りやすいです。
 
近隣にこだわるのも良いですが、早い段階で安心した生活に移る為にも、待機を選択せず入居をすることも視野に入れると良いでしょう。
 
 


 
如何だったでしょうか。
 
ここに書いたものはあえてざっくりとした内容としています。
 
というのも、特別養護老人ホーム入所を考えられている方は、おそらく介護度が高く出た方か、入院中の患者様でしょう。
 
そのため、まずは在宅生活中であればケアマネさんに、入院中であれば担当の相談員に相談してみると良いかと思います。
 
皆様のより良い生活を祈って。
それでは
PR

コメント

コメントを書く