BS blog Ranking 忍者ブログ

【医療介護】【音楽楽器】星藤野のブログ

都内病院勤めの30代MSWクラリネット吹き。 ①医療・介護に関する話題 ②音楽・楽器に関する話題 よろしくお願いいたします(*'▽')

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニュース紹介【ライフハッカー[日本版]】より~楽器は長続きしない人も多いですよね
今日はこんな記事を見つけたのでご紹介します。

子どもの楽器レッスン、親はいつ「やめてもいい」と言うべきか?|ライフハッカー[日本版]

ちなみに、私は小学生2~6年と高校生1~3年という中途半端な感じでピアノの先生につきました。

なんで中学3年間ピアノから離れたかと言うと、空手教室に通い始めたのですよね。やはり子供はやりたいことが移り気なものかと思います。

私の両親はそういう所はとても理解がありまして、たとえば泣きながらピアノを習いたいと言ったはずなのに、先生が厳しいからといって2年ほどで辞めた妹を責める事はありませんでした(代わりに私がピアノを使う事になる)。

また私も、大学に入ってからクラリネットを続けるために楽器を買ってもらいましたが、大学二年生の時に所属していた団体から退団することになりました。その時も他にやりたいことがあるのなら良いと言ってくれたのを覚えています。

でも、そういった感じでいろいろと許してもらうと、不思議とどれも辛い思い出にはならなかったんですよね。

特に私は、空手に関してはとてもいい精神修養になりましたし、音楽はなんど止めるタイミングが訪れても、結局は今も続けています。

そりゃあ、確かにプロにはなってませんが……。

子供のころに身に着けた教養は、今の私の人生にとても大きな影響を与えています。

きっと、あのころ無理やりに何かをやらされたりしていたら、今に生かせないのではないかと、そんなふうに思っています。

この記事は、再度そんな事を考えさせてくれましたね(*'▽')
PR

コメント

コメントを書く